ギリシア哲学への招待状 愛知哲仁 An Invitation to Greek Philosophy

ソクラテス関連人物

気が向いたら加筆(期待しないで)

アガトン(アガトーン)

B.C.448(-446)〜401。アテナイ(アテネ)の悲劇詩人。
ティサメノスの息子で、美貌の誉れ高かった。30歳前後と思われるB.C.416の悲劇競演会で優勝した。翌日の饗宴が、プラトンの『饗宴』生んだ。
B.C.408-7 に、マケドニアのアルケラオス王に招かれ、以後マケドニアで暮らす。B.C.401頃、マケドニアで没。
『饗宴』内の発言をみると、脚韻をそろえたり、伝統的な言葉を引用したり、弁論術が駆使されている。ここから、ゴルギアスやプロタゴラスなど、ソフィストの影響を受けているとされる。

アポロドロス(アポロドーロス;アポルロドロス)

激情型の熱心なソクラテス崇拝者。アテナイ東方約一時間のところにある古い漁師町バレロン(バレーロン)の人。
『饗宴』では、語り手として登場する。
『弁明』には、30ムナの罰金の保証人として、プラトンやクリトンらとともに名前が挙げられている(38b)。
『パイドン』では、ソクラテスが毒杯を飲み干したとき、真っ先に大声を出して泣き出し、それにつられてみんなも泣き出している(117d)。

アリストデモス(アリストデーモス)

狂信的なソクラテス崇拝者で、単純素朴な人物。
何から何までソクラテスの真似をしようとした。
『饗宴』では、語り手のアポロドロスに話を教えた人物となっている(174a)。饗宴に向かうソクラテスに偶然出会ったアリストデモスは、ソクラテスに誘われアガトンの屋敷へ向かう。ところが、ソクラテスの例のダイモンが現れ、ソクラテスは隣家の門口で固まってしまう。仕方なく、アリストデモスは一人で、アガトンの饗宴に参加する。

アリストパネス(アリストファネス;アリストパーネス)

B.C.(450-)445〜385。アテナイ最大の喜劇作家。
『女の議会』『女の平和』など11篇が残る。皮肉な語り口ながら、平和主義を表す。『雲』では、ソクラテスをソフィストの頭目のようにとらえ、ソフィストをからかった。
『弁明』では、ソクラテスの告発の原因を作った、と発言されている。そして、ソクラテスは、それをデマだと弁明している(19b,c,d)。
『饗宴』では、人間の先祖は、二人がくっついた状態だったが、神の怒りに触れて、真っ二つに切断された。そして、引き裂かれたもう一つの体を求める。これが愛だ。さらに二人は溶け合い一つになったと感じる。これは大昔の体を思い出しているからだ。喜劇作家らしく、このように述べている。(189c〜193d)

アルキピアデス(アルキピアーデス)

名誉・富・才能・容姿、すべてに恵まれた人物。
シチリア遠征を主張。遠征中にスパルタへ逃亡。のち、アテナイに戻り、政界に復帰するも、すぐに失脚。
クセノポンの『ソクラテスの思い出』によると、ソクラテス告発の隠された原因は、彼がソクラテスの弟子であったということ。
『饗宴』では、ソクラテスの話が終わったとき、酔った(振りをした)アルキピアデスが登場し、ソクラテスを賛美する。


インデックス・ペイジ

初期ギリシア哲学
 第1講 ミレトス派
 第2講 ピュタゴラス派
 第3講 ヘラクレイトス
 第4講 エレア派
 第5講 エンペドクレス
 第6講 アナクサゴラス
 第7講 原子論

ソクラテス

 第8講 ソフィスト

 第9講 ソクラテスの生涯

  資料:ソクラテス関係年表

  資料:ソクラテス関連人物

 第10講 ソクラテスの弁明

 第11講 クリトン

 第12講 ソクラテスとは

プラトン
 第13講 プラトンの生涯
 第14講 プラトンの著作
 第15講 想起説
 第16講 イデア論
  第17講 哲人政治論

アリストテレス
  第18講 アリストテレスの生涯
  第19講 著作と論理学
  第20講 形而上学




  このペイジの一番上へ

参考文献
『饗宴』プラトン著
久保勉訳 岩波文庫
1982/08 \525
Amazon.co.jp   楽天ブックス  悲劇詩人アガトンの優勝祝賀の席で、参加者5人が愛(エロス)についての持論を語る。取りはソクラテス。
 プラトニック・ラヴと呼ばれる理想の愛とは?
このペイジの一番上へ

第9講に戻る

© 2005 Tetsuhito Aichi
SEO [PR] 住宅ローン フラワーギフト 必勝祈願 冷え対策 動画 無料レンタルサーバーSEO